復興灯台が照らし出す、いわて三陸の物語。人、風景、モノ、コト…。動き出しているいわて三陸の姿を灯台守たちが丹念に紡いでいく。

トップページ > カテゴリ(観光)

陸前高田のこと

昨日は、他の仕事のロケハンも兼ね、

陸前高田で取材をしてきました。

 

CIMG2282 (800x600).jpg

かつての球場は、スタンド席も取り壊され、

照明だけが残っています。

CIMG2278 (800x600).jpg

ところどころに盛土がされていたりします。

復興の道は、まだまだこれからという印象を受けます。

そんな中でうれしいニュース。

CIMG2281 (800x600).jpg

上は、新しく建てられたキャピタルホテル1000です。

以前は海岸そばに建っていましたが、

高台に移転となり、11月1日から営業が再開されました。

 

中には入りませんでしたが、

ここからは陸前高田のきれいな海が見えます。

宴会の予定などもかなりはいっているとのこと。

 

復興の道はまだまだと書きましたが、

今回のキャピタルホテル1000の営業再開など、

一歩一歩確実に、復興の道を歩いています。

ぜひとも応援お願いします。

栃ケ沢ベース

今日は秋晴れの一日。

陸前高田、大船渡を行脚してきました。

 

取材で立ち寄らせていただいたのは、

「栃ケ沢ベース」の中にある「いわ井」さんです。

CIMG2290 (800x600).jpg

突然の訪問でしたが、店主の磐井正篤さんから

たくさんのお話を聞かせていただきました。

 

東日本大震災で、多くのものを奪われた磐井さん。

しかし、逆境に負けない心は奪われなかった。

磐井さんは、「三陸の青空」にも登場いただくのですが、

今回の取材は、全文を掲載させていただきたい。

そして、多くの人に読んでいただきたい。そう思ったのです。

 

なお、「いわ井」さんの店内は、こんな感じ。

CIMG2286 (800x600).jpg

 

「内装は頑張りました」と磐井さんは語るだけに

素敵なお店です。

ぜひ、陸前高田にお越しの際は、「いわ井」さんへお立ち寄りください。

 

 

 

かまいしキッチンカープロジェクト

昨日は取材で釜石へ。

昼食は当然のごとくキッチンカーで。

IMG_8843 (800x533).jpg

昨日は本当に天気がよかった。

青空の下で食べるのが気持ちいい日でした。

 

ちなみに、昨日は、こんなキッチンカーが来ていました。

(日によって、来ているキッチンカーが違うようです)

 

あったかや

IMG_8838 (800x533).jpg

ワンプレートの日替わりお弁当。500円でした。

 

BECK

IMG_8837 (800x533).jpg

パスタやオムライスが人気だそうです。

 

釜石うめえもんCafe

IMG_8836 (800x533).jpg

昼間は豚どんぶりなどを出しています。

夜のメニューも豊富でした。

 

富士宮やきそば

IMG_8835 (800x533).jpg

焼きそばの値段は450円。

 

そして、これが昨日のランチに食べたものです。

IMG_8840 (800x533).jpgIMG_8839 (800x533).jpg

左が富士宮焼きそば 右があったかやのランチプレート

 

皆さんもぜひ!

おおまちほほえむスクエア

 

大槌の帰り道で、

釜石のおおつちほほえむスクエアで休憩。

ここは前から行きたいと思っていた場所です。

CIMG2164 (800x600).jpg

おおまちほほえむスクエアは、

キッチンカーが集まる飲食店街と言えるもの。

一つ一つのキッチンカーはまた個性的で

ついついメニューに目が行ってしまいます。

CIMG2163 (800x600).jpg

今日は「むすびや」さんでお買いもの。

CIMG2161 (800x600).jpg

灯台守はかぼちゃの冷製スープ、灯台守2号は、

写真の「ソフとま」を注文。

 

次行った時には、何を食べようか。今から考えています。

 

久慈渓流

 

盛岡から北上。

九戸ICを降りて、久慈へ向かう道。

その途中にあるのが、久慈渓流です。

 

久慈というと、「あまちゃん」にも登場するように

海のイメージが強いのですが、

この渓流もとても美しくて好きな場所です。

IMG_4853 (800x533).jpg

そして、渓流もきれいなのですが、

この周囲の緑も本当に美しい。

聞けば、紅葉のシーズンも格別とのこと。

ぜひとも、秋にも遊びに行きたい場所です。

 

お盆休みに久慈へお出かけの皆様へ

「あまちゃん」の影響もあり、

お盆休みに久慈方面へお出かけの方も

多いのではないでしょうか?

 

老婆心ではありますが、ご注意事項です。

IMG_4874 (800x533).jpg

ドラマの中でもロケ場所として使われている小袖海岸は、

混雑が予想されるため、土日祝日はマイカー規制が行われています。

 

なお、臨時路線バスは、久慈駅と小袖海岸を1日10往復しています。(所要時間30分)。

小袖海岸の観光には、こちらを利用いただくと便利かと思います。

 

なお、久慈の町の中には、

こんな立て看板も見かけます。

IMG_4876 (800x533).jpg

町を上げて、たくさんの方々が来るのをお待ちしております。

ぜひ、あまちゃんの舞台をお楽しみください。

 

「火」という名前のお店

大槌のある「APE」というお店。

この「APE」は、アイヌ語で「火」という意味を持っているそうです。

IMG_2263 (1024x683).jpg

このお店を取り仕切っているのは、

歌手の大須賀宣成さんです。

ご存知の方も多いかと思いますが、

ノリシゲの名前で、奥様のRIAさんとともに活動しています。

 

この「APE」は、かつてノリシゲさんの実家のあった場所。

東日本大震災によって、この一帯は多大な被害を受けました。

お店の周りは、何もなく、家のコンクリートの基礎だけが

残っている状態です。

そして、この「APE」もノリシゲさん自らが建てたもの。

 

IMG_2269 (1024x683).jpgIMG_2265 (1024x683).jpg

お店の前には、ノリシゲさんが荷車で作ったテーブルがあったりします。

 

なお、この日に注文したのは、ラーメン。

何とも昔懐かしい味がしました。おいしいですよ!

DPP_1449.JPG

大槌においでの際は、ぜひ「APE」へお立ち寄りください。

笑おう!という名前のお店

陸前高田市になる未来商店街。

その中に、ひときわ目立つ黄色の壁のお店があります。

今回ご紹介するのは、その黄色い壁のお店「Laugh(ラフ)」の

店長さんである菅野恵さんです。

IMG_1995 (1024x683).jpg

(お店の外観はこんな感じ。映画「かもめ食堂」に出てきそうなお店です)

 

以前から、陸前高田に行くたびに、お店に立ち寄っていたのですが、

その時から、非常に感じの良い素敵な方だなと思っていたのです。

 

そこで、今回の復興応援パネル展「三陸の青空」にご登場いただくことを店頭で交渉。

パネルとして出演いただくとともに、インタビューもさせていただきました。

 

IMG_2004 (1024x683).jpg

東日本大震災の前は、東京でアパレル関連の仕事をしていたという菅野さん。

震災で多大な被害を受けて故郷・陸前高田に戻り、

今の「Laugh」を一念発起始めました。

おそらく、「Laugh」のようなお店は、震災前の陸前高田にはなかったと思います。

そして、菅野さんも「自分の行きたかった店を作りたかった」と言います。

 

東日本大震災は多くのものを奪ったけれど、

新しいものも生み出し続けていると思うのです。

 

陸前高田においでの際は、ぜひ未来商店街の「Laugh」へお立ち寄りください。

DPP_1421.JPG

ちなみにお店の中はこんな感じ。

あとはご自身の目でお確かめください。

 

 

三陸の景色を眺めながら、うに丼を食べる

 

三陸の景色を楽しみながら、

おいしいものを食べる。

 

そういうドライブプランを考えている方には、

これ以上のお店はないのではないかと灯台守は思っています。

それは普代村の「レストハウス うしお」です。

 

IMG_2510 (1024x683).jpg

このお店の写真を見れば、もう説明は必要ありませんよね。

お店の向こうに広がる三陸の美しい海。最高です。

 

そして、お店の前の看板も自信たっぷり。

ご覧ください。

IMG_2509 (1024x683).jpg

かく言う灯台守も、この道路看板につられて

駐車場にクルマを入れてしまいました。

 

お盆などに、岩手三陸への旅行を考えている方、

ぜひとも「レストハウス うしお」へ。

 

じぇじぇじぇ!

最近、久慈でもらってきた2種類のパンフレット。

どこまでも色濃く残る「あまちゃん」の影響。

IMG_2282 (1280x853).jpg

 

見ているほうも、ついつい手に取ってしまいますね。

まんまと戦略にはまっています。

 

今、岩手で一番盛り上がっているのは久慈かもしれません。

その熱気と活気を直接触れて、驚いてください。

じぇじぇじぇ!