復興灯台が照らし出す、いわて三陸の物語。人、風景、モノ、コト…。動き出しているいわて三陸の姿を灯台守たちが丹念に紡いでいく。

春高バレー岩手県予選で、高田高校女子が優勝!

今日、花巻総合体育館で、春高バレー岩手県予選の

男女決勝が行われました。

女子決勝のカードは、盛岡市立対高田。

 

常勝を誇ってきた盛岡誠桜を準決勝で破り、

勢いに乗る盛岡市立。

そして、ここ数年の大会では、

決勝の舞台に上がりながらも、

盛岡誠桜の前に敗れ、

準優勝が定位置になっていた高田。

 

この両校は、実は縁が深い。

高田を率いる水澤監督の前任校は、盛岡市立。

かつて指揮を取っていたチームであり、

またその縁もあり、

東日本大震災の時には、いち早く盛岡市立が

高田を支援してくれました。

 

あの東日本大震災から2年の以上の時が経ち、

優勝を争うライバルとして対峙した二つのチーム。

そういう意味でも、非常に感慨深い対戦となりました。

 

試合は、セットカウント3?0で高田が完勝。

現在の3年生は、震災の年に高田に入学してきた生徒。

苦境、逆境を乗り越えて、掴み取った女王の座。

本当におめでとうございます。

 

DPP_1508.JPG

優勝が決まった瞬間。選手たちの笑顔。

背後の水色のジャージが水澤監督です。