復興灯台が照らし出す、いわて三陸の物語。人、風景、モノ、コト…。動き出しているいわて三陸の姿を灯台守たちが丹念に紡いでいく。

山田町の本屋さん

その書店のことは、

「復興の書店」という本で知っていました。

やっとお会いすることができた。

DPP_1492.JPG

場所は、山田町の高砂商店街の中。

DPP_1489.JPG

入口には、手作りの小さな看板が立てかけられています。

DPP_1490.JPG

お店の中には、イスが立てかけられてあったり、

このお店を訪れたお年寄りが腰をかけて本を選べる

ようになっています。

DPP_1491.JPG

この他にも、文房具が置いてあったり、なかなかにぎやかです。

 

岩手の未来の書店はこんな感じになるのかも。

大手さんのお話を聞きながら、そんなことを思いました。

 

そこに暮らす人の事情に合わせた品ぞろえ、そして、

ちょっと楽しい気持ちになれるお店。

そういうものが、書店の新しいカタチなのかも知れません。

 

小さな書店の中には、本だけでなく、書店の未来も置いてありました。

 

また必ずお邪魔させていただきます。大手さん、ありがとうございました。