復興灯台が照らし出す、いわて三陸の物語。人、風景、モノ、コト…。動き出しているいわて三陸の姿を灯台守たちが丹念に紡いでいく。

秋季県大会 沿岸勢の戦いぶり

昨日から高校野球秋季県大会が始まっています。

来年春のセンバツ出場をかけての戦い。灯台守も注目しています。

結果をざっとおさらいすると、

 

9月13日

山田(沿岸北) 4対6 伊保内

大船渡(沿岸南) 4対6 黒沢尻工業

花巻北 1対8× 久慈工業(久慈)

 

9月14日

釜石(沿岸南) 5対6× 水沢工業

宮古工業(沿岸北) 0対6 専大北上

宮古商業(沿岸北) 3対6 久慈東(久慈)

高田(沿岸南) 5対7 花巻東

 

という結果になっています。

初戦で敗れた学校も多いのですが

久慈東、久慈工業など、久慈地区の代表は

元気のあるところを見せています。

 

そして、今日のハイライトはやっぱり高田VS花巻東でしょう。

新チームとはいえ、甲子園ベスト4を相手に、

一歩も引かない高田の戦いぶり。

IMG_6860 (800x533).jpgのサムネイル画像

IMG_6873 (800x490).jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

試合終盤に突き放されるものの、

それでも気持ちを切らすことなく反撃。

あと一歩のところまで“岩手の横綱”を追い詰めました。

これは価値のある敗戦となるはずです。