復興灯台が照らし出す、いわて三陸の物語。人、風景、モノ、コト…。動き出しているいわて三陸の姿を灯台守たちが丹念に紡いでいく。

トップページ > 2013年8月

「ありフェス」からのごほうび

先日のことになりますが…

事務所にクール便が届きました。

 

IMG_1860.jpg

品名のところに「ロックンロール生物」って書いてます(笑)

 

中身はというと…海鮮セットです!

IMG_1859.jpg

7月末に行われた、「大槌ありがとうロックフェス(ありフェス)」から

クラウドファンディング「READY FOR?」で募金をした人への

御礼の品です(金額によって内容は異なります)

灯台守2号、ささやかながら参加させていただきました。

 

「大槌からありがとうを伝えたい」と、地元有志グループが立ち上がり

企画運営した「ありフェス」。昨年に続き、今年も開催されました。

二日間開催だった今年、初日はあいにくの嵐でプログラム半ばで中止に。

でも次の日は、昨日までの雨雲がどこかにいって、

お昼ぐらいにはきれいな青空が。

 

彼らが大好きなロックバンドのみなさん、地元ミュージシャン、

郷土芸能団体によるパフォーマンスのほか、屋台コーナーなどもあり、

ステージのエリアはフェスっぽく、屋台のところはお祭りっぽく。

 

中学生の子たちが思い思いのオシャレをして来ているのが、微笑ましく

おとうさん、おかあさんたちはロックの轟音に

「うるせえ!」と耳を塞ぎながらも、ニコニコで。

 

 

IMG_5682.JPG IMG_5670.JPG

そして、地元・大槌の人はもちろん、

岩手県内、近隣県、関東、なかには九州!から集まった

ロックファン、そして「大槌のファン」はノリノリで楽しそうで。

 

去年も思いましたが、大人が率先して楽しんでいていいなあって。

 

フィナーレには

「自分たちのお金で、支えてくれた人たちへの感謝の花火を打ち上げたい」

と、大槌町民から募金を募ったという花火も打ち上がりました。

 

IMG_5828.JPG

 

「3、2、1ありがとー!」を合図に、どーん!

 

打ち上がるたび、ありがとー!と叫ぶひと、

誰かに話しかけるように、きれいだね、つぶやいて見上げる人

大槌の人それぞれの思いが託された花火、

ひときわきれいだと思いました。

 

(ブログのアップが遅れてすみません。灯台守2号)

 

 

大槌高校で打ち合わせ

 

高校生現地特派員の打ち合わせで

大槌高校さんに行ってきました。

(詳細については、このブログ内で近々ご紹介いたします)

 

CIMG2155 (800x600).jpg

スタンダードの取材で、何度も訪れている学校ですが、

今日は復興灯台の打ち合わせということで、

いつもと違う雰囲気でした。

担当の先生は、

かつてスタンダードにも登場したことがあるバレーボール選手ということもあり、

スポーツの話題でも盛り上がりました。

しかし、時が流れるのは本当に早い。

スタンダードに登場した「選手」が、今は「先生」になっている。驚きました。

 

この大槌高校には特別な思い入れがあります。

震災当時、僕の親戚が避難していたのが

この大槌高校でした。

教室は避難者の方々が寝泊まりする場所に

なっていたことをふと思い出しました。

CIMG2156 (800x600).jpg

高台にある大槌高校からは

大槌の町が一望することができます。

そして、そこから見える町は、まだまだ被災の傷跡が

生々しく残っています。

 

完全な復興を遂げるには時間がかかります。

たくさんの方の応援をよろしくお願いいたします。

そして、それは難しいことではありません。

この町に来て、おいしいものを食べて、遊んで行ってほしい。

それも立派な応援です。よろしくお願いします。

 

 

おおまちほほえむスクエア

 

大槌の帰り道で、

釜石のおおつちほほえむスクエアで休憩。

ここは前から行きたいと思っていた場所です。

CIMG2164 (800x600).jpg

おおまちほほえむスクエアは、

キッチンカーが集まる飲食店街と言えるもの。

一つ一つのキッチンカーはまた個性的で

ついついメニューに目が行ってしまいます。

CIMG2163 (800x600).jpg

今日は「むすびや」さんでお買いもの。

CIMG2161 (800x600).jpg

灯台守はかぼちゃの冷製スープ、灯台守2号は、

写真の「ソフとま」を注文。

 

次行った時には、何を食べようか。今から考えています。

 

「歩きましょう」の話

今日は大槌に行ってきました。

打ち合わせが終わった後、

歌手のノリシゲさんが経営する「APE」に

顔を出してきました。

CIMG2166 (800x600).jpg

ノリシゲさんと言えば、

浜のミサンガ環のCMソングにも使われている

「歩きましょう」が思い浮かびます。

 

なお、「歩きましょう」のジャケット写真は、

「APE」になっています。

 

価格は

「歩きましょう/いま、どこ」が1300円(税込)

ファーストアルバム「As One」が2800円(税込)

 

ぜひお買い求めを!

「歩きましょう」はMP3がアマゾンでも買うことができます。

 

 

幹miki カフェライブのご案内

宮城県蔵王町在住の

シンガーソングライター幹さんのライブのご案内です。

IMG_5966 (800x533).jpg

日時 9月7日(土) 15:30?17:00

場所 宮城県石巻市 カフェ・ルフナ

料金 2500円[ドリンク・ケーキセット付き] 25席限定

ご予約  カフェ・ルフナ 0225-23-8236  MIKI MUSIC 090-3123-0473

お問い合わせ http://mikimusic.com

 

IMG_5598 (800x533).jpg

先日、盛岡市内のホテルで行われたライブを

拝見させていただきましたが、

本当に素晴らしいライブでした。

おすすめです!

 

高校野球秋季大会【沿岸南地区予選】

 

夏の甲子園大会が終わったばかりですが、

速くも秋季大会地区予選が始まりました。

(今日も暑い一日で、「秋」という言葉に違和感はあるのですが)

 

今日は、住田球場で行われた沿岸南地区予選を観戦。

大船渡東対釜石、釜石商工対大船渡、高田対住田の3試合を観戦してきました。

この中でも、第二試合は、釜石商工2対3大船渡という大接戦。

リードを奪われながらも、大船渡が最終回に逆転サヨナラ勝ち。

ドラマティックな幕切れとなりました。

IMG_5688 (800x533).jpg

釜石高校の佐々木瑞貴投手。まだ1年生ということもあり、

これからの成長が楽しみ。

IMG_5866 (800x533).jpgのサムネイル画像

大船渡高校の紺野快投手。

高い背丈から投げ込むボールには力があります。

今日一番目を魅かれた投手です。

IMG_5940 (800x533).jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

高田高校の濱田紘輝投手。

あの沈むボールの正体は?

相手のクリーンアップを抑え込みました。

 

IMG_5961 (533x800).jpg

なお、住田球場の隣は、田んぼになっていて、

稲穂が頭を垂れ始めていました。

白球を追いかける選手の向こうには、おいしいお米が育っている。

何とも岩手らしい球場です。

 

 

大槌 森の図書館 その2

以前もご紹介した大槌の「森の図書館」に行ってきました。

前回のくもり空と違い、今回は青空。

良い日に行くことができました。

IMG_5357 (800x533).jpgのサムネイル画像IMG_5360 (800x533).jpg

夏もいいですが、秋もいいかも知れませんね。

このロケーションは。

IMG_5348 (800x533).jpgのサムネイル画像IMG_5350 (800x533).jpg

写真左 2階 写真右 1階

朝から行って、ゆっくり本を読みたくなります。

 

復興灯台イチ押しの

森の図書館については、

これからも随時アップしていきます。

どうぞお楽しみに!

 

 

釜石の町に、渋谷109がやってくる!

本日8月16日から18日まで、

渋谷109KAMAISHIが期間限定オープン!

DPP_1470.JPG

時間 10:00から19:00(最終日は16時まで)

場所 シープラザ釜石 1F 2F

マルキューブランドと釜石のコラボ商品も登場するとのこと。

ぜひ!ぜひ!ぜひ!

 

渋谷109が釜石にやってくる!

この夢のような出来事は、

一人の女子中学生の書いた手紙から始まりました。

きっかけは、「動かないと、実現しないよ」という

お母さんの言葉とか。

娘さんも素晴らしいが、お母さんも素晴らしい。

 

2019年未来の出来事

昨日、釜石の町を歩いていると、

自然と目に入ってくるものがあります。

 

それは、ラグビーワールドカップを釜石で!

という熱い思い。

DPP_1468.JPG

町のあちこちには、こんなフラッグが掲げられ、

2019年に向けた活動が始まっています。

DPP_1471.JPG

町のバス停のイスには、

釜石シーウェイブスのロゴが入っています。

 

2019年の頃、釜石はどんな姿になっているだろうか。

そういうことを灯台守は思いながら、町を歩いていました。

 

震災前よりも素晴らしい町に

生まれ変わった釜石の姿を

世界中の人たちに見てもらいたい。

同時に、その未来に向けて素晴らしい町を

作っていかなければならないと思います。

 

2019ワールドカップと復興。その二つを実現しましょう。

欲張りくらいがちょうどいい。

 

2011年の夏の出来事

2011年の夏、

灯台守は写真撮影のため、大槌の海に

来ていました。

 

盛岡城跡公園で行われる「いしがきミュージックフェスティバル」。

その年は大槌と盛岡の2か所開催となっていました。

盛岡城跡公園と大槌の海が「空」でつながる2枚のポスター。

ishigaki_2011[1].jpg

その撮影をするために訪れた大槌の海には、

一人も人がいなかった。

そして、それから2年の時が経ち、昨日、訪れた大槌の海。

 

そこには、水遊びを楽しむ人たちがたくさんいた。

DPP_1469.JPG

子供が水際で遊び、

若いカップルたちが、キャーキャーと歓声を上げる。

夏の海は、そうでなくっちゃと思うのです。

もっと、もっと、「海」を楽しもう。

 

久慈渓流

 

盛岡から北上。

九戸ICを降りて、久慈へ向かう道。

その途中にあるのが、久慈渓流です。

 

久慈というと、「あまちゃん」にも登場するように

海のイメージが強いのですが、

この渓流もとても美しくて好きな場所です。

IMG_4853 (800x533).jpg

そして、渓流もきれいなのですが、

この周囲の緑も本当に美しい。

聞けば、紅葉のシーズンも格別とのこと。

ぜひとも、秋にも遊びに行きたい場所です。

 

「石巻工房スツール」をつくってみました。

灯台守2号、ひさびさにエントリーします。

こないだの日曜日(8月11日)、

盛岡市にあるインテリアショップ「ルームデザイン」さんで開催された

「石巻スツールを作ろう!」ワークショップに参加してきました。

1.jpg

 

石巻工房は、津波による大きな被害を受けた宮城県石巻中央で2011年6月に設立された「地域のものづくりのための場」です。震災後、地域の人々が自力で復旧や復興ができるように、木工や手芸の道具を順次揃えてきました。道具の使い方やつくり方を習得できる公共工房、また、ものづくりを介したコミュニティの場となることを目指しています。(石巻工房ショッピングサイトより)

 

この日、ワークショップの講師をしてくれた千葉さん

3.JPG

震災前はお寿司屋さんをしていたそうです。

津波でお店が被災し、今は工房の職人さん。

 

 

では、さっそくワークショップの模様を写真れレポート!

材料はこちら↓

2.JPG

 

まずは電動ドリル?を使いこなす練習からはじめます

4.jpg

(モデル:3号)

始めは力加減がわからず空回りさせちゃったり、ナナメになったり…

が、徐々にコツをつかむ参加者一同。 

 

5.JPG このようにネジを取り付け

6.JPG 徐々にカタチに!

 

8.JPG 全てのネジの取りつけ完了!

9.JPG 紙ヤスリで表面をなめらかにして…

 

10.jpg

一時間ほどで完成しました!!

ちなみに足が45°のナナメになっているのは

重力がナナメに分散され

凸凹のある場所に座ってもガタガタしにくい(垂直だとガタガタする)

接地面を最小限にすることで、傷みの原因となる水分や汚れを最小限に。

という「計算」があるそう。なるほどー。

 

「石巻工房」では、そのほかいろいろな家具を扱っています

11.jpg ベンチとかテーブルとか

12.JPG 子ども用のこんなイス?まで。

 

 

実は「復興灯台」事務所にも、石巻工房さんのベンチがあるんですよ。

写真 (1).JPG

一年間、外(ウッドデッキ)に置いてあるので、

風雨、雪にさらされ、変色や染みもありますが…

やわらかい木の質感がよくって、愛用しています!

 

そして、この日作ったスツールは持ち帰り…

写真 (2).JPG

片付けベタ灯台守2号の資料置き場に…

 

だけでなく。

ちょっと気分転換で本を読む時に腰掛ける

棚の上の荷物をおろしたい時にのぼる

などなど、がしがしと活躍してもらう予定です。

(灯台守2号)

 

久慈工業高校のグラウンドで思うこと

先日、久慈工業高校野球部を取材してきました。

 

この野球部は今年の夏の岩手県大会で、

堂々のベスト8入り。

しかも、2年生主体のチームだったこともあり、

8月23日から始まる秋季大会での躍進が楽しみです。

IMG_5252 (800x533).jpg

久慈工業高校のグラウンドの隣では、

高所移転の工事が始まっていました。

ここには、100棟の住宅が建つ予定とか。

 

新しいチームが練習をする隣では、

新しい町づくりが始まっています。

 

 

 

お盆休みに久慈へお出かけの皆様へ

「あまちゃん」の影響もあり、

お盆休みに久慈方面へお出かけの方も

多いのではないでしょうか?

 

老婆心ではありますが、ご注意事項です。

IMG_4874 (800x533).jpg

ドラマの中でもロケ場所として使われている小袖海岸は、

混雑が予想されるため、土日祝日はマイカー規制が行われています。

 

なお、臨時路線バスは、久慈駅と小袖海岸を1日10往復しています。(所要時間30分)。

小袖海岸の観光には、こちらを利用いただくと便利かと思います。

 

なお、久慈の町の中には、

こんな立て看板も見かけます。

IMG_4876 (800x533).jpg

町を上げて、たくさんの方々が来るのをお待ちしております。

ぜひ、あまちゃんの舞台をお楽しみください。

 

「フィッシングガイド45」のご案内

復興灯台の現地特派員もやっていただいている

千田誠さんのフィッシングガイドのホームページをご紹介させていただきます。

フィッシングガイド (960x720).jpg

千田さんの「フィッシングガイド45」は、

陸前高田市脇ノ沢漁港から出港するフィッシングガイド。

くわしくはホームページをご覧いただきたいのですが、

様々なコースが用意されており、

なかなか楽しそうです。

 

お盆中は、後半はまだ余裕がありそうです。

お早目にお申込みください。

岩手で一番眺めのいい野球部グラウンド

 

先日、取材で訪れた釜石商工高校野球部。

訪れた日はあいにくの曇り空でしたが、

この野球部のグラウンドは、岩手で一番眺めがいいと思います。

IMG_4311 (800x533).jpg

天気が悪くて恐縮なのですが、

グラウンドからは三陸の海が見えるロケーション。

そして、釜石大観音があります。

名勝と観光名所。毎日の練習で両方を楽しめる

贅沢すぎるグラウンドです。

なお、この釜石商工野球部は、

今年の夏の岩手県大会でベスト8入り。

最後は一関学院の前に敗れましたが、

そのスコアも4対5と紙一重。

三陸のチームが元気のあるところを見せてくれました。

IMG_4461 (800x533).jpg

3年生が引退し、新しいキャプテンになったのは、

ご覧の佐藤澤翔也選手。

もうすぐ秋季大会も始まります。がんばれ!

 

「県内各地域の風景美」絵画展

震災前の沿岸部や内陸の風景をおさめた絵画展が、

現在アイーナ・ピュアモールで開催されていました。

描いているのは、盛岡在中の阿部俊明さん。

教師を退職されたあとに絵をはじめ、

地元である釜石や初任地の宮古などの

沿岸部、震災後は内陸部を中心に描いているそうです。

どうしても震災以降は沿岸部を描けなくなってしまったとのこと。

それでも、点描画という方法だったらと気持ちが動き、

祈りを込めるように仕上げたのが「吉里吉里海水浴場 弁天さま」。

小さい頃に海水浴を楽しんだ場所だそうです。

ふるさとの姿は変わってしまったけれど、

思い出の場所やその時の記憶がいっぱいあることが、

絵やお話をうかがっていても伝わってきます。

そして思いが絵のあたたかさに出ているように感じられました。

会場では描いた絵のいくつかをポストカードにしてプレゼントもしていました。

DPP_1452.JPG

震災前の風景画を中心に30点を展示

 

DPP_1453.JPG

「吉里吉里海水浴場 弁天さま」

 

 

山田高校のグラウンドで思うこと

先週、スポーツマガジン・スタンダードの取材で、

山田高校野球部を取材してきました。

 

このグラウンドで思い出すのは、

やはり東日本大震災発災当初のことです。

学校の中には、たくさんの方が避難し、

そして、グラウンドには、自衛隊のテントが貼られていた。

 

震災当時、その物々しい雰囲気で練習していた1年生が、

今年の3年生たち。

彼らは中心となって戦った今年の夏の岩手県予選では、

ベスト16入りを果たしました。

IMG_3067 (1024x683).jpg

 

3年生選手の引退により、

今は1、2年生が新チームとして動き始めています。

 

IMG_3075 (1024x683).jpg

現在の部員は、わずか12名。

その部員数に関わらず、安定した強さを見せてきた山田高校。

 

もうすぐ始まる秋季大会の活躍が楽しみです。

 

 

南三陸ミシン工房

 

復興デパートメントというサイトで知り、

さっそく購入しました。

 

宮城県南三陸町の女性たちが手作りした

南三陸ミシン工房の小さなバッグです。

 

バッグの中央にある「Hang in there!」は「あきらめない」という意味だそうです。

IMG_4036 (1024x683).jpgのサムネイル画像のサムネイル画像IMG_4037 (1024x683).jpgのサムネイル画像

 

右側の写真の通り、作り手の方からのメッセージが付いているのもうれしいですね。

本体部分の大きさは、18cm×18cm 取っ手部分が26cm

値段は1890円(税込)です。

たくさん柄があって、どれが届くのかわからないのも楽しみ。

ぜひお買い求めを!

 

 

商品を買って、復興を応援しよう。

 

花巻市の金婚亭さんの隣に

交流産直「結海(ゆうみ)」というお店があります。

 

ここでは、花巻市の物産をはじめ、

五城目町を中心とする秋田の物産品、

そして、大槌町の物産品を買うことができます。

 

IMG_3390 (1024x683).jpg

震災当時、大槌町の波板観光ホテルに宿泊していたのが、

秋田県の五城目町老人会の方々。

ホテル従業員の誘導によって、一人の犠牲者も出すことなく無事に避難。

これがきっかけとなり、秋田県の五城目町から

物資支援をしていただくなど、多大な応援をいただいてきました。

そして、老人会がお土産を買うために立ち寄っていたのが花巻市の金婚亭さんです。

これらの3つの市町の絆から生まれたのが、「結海(ゆうみ)」というお店です。

 

IMG_3389 (1024x683).jpg

商品を買って、三陸の復興を応援してください。

よろしくお願いします。