復興灯台が照らし出す、いわて三陸の物語。人、風景、モノ、コト…。動き出しているいわて三陸の姿を灯台守たちが丹念に紡いでいく。

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

牛たちがのびのび暮らす、山の上の牧場(その1)

灯台守2号です。

GW前半、宮古市田老と岩泉町小本に行って来ました。

訪ねた先は…

IMG_4374.JPG

牧場です。

 

こちらは、岩泉小本の「差畑しあわせ牧場」さん。

山の上にひろがる広大な牧野で、ホルスタイン種とジャージー種の牛さんたちがのんびり、気まま?に暮らしています。

IMG_4392.JPG

お日さまの下で自由に、自然に生えている草を食み、わき水を飲み、山の中を好きなだけ歩いて、好きな時に休んで…

「山地酪農」という方法で育てられているここの牛さんたちは、山の斜面もすいすいと登っていくほど動きが軽やかで、遠くから見ると鹿にも見えます。

 

そして、好奇心が旺盛で、人懐っこい。私が近づいていくと、なんだ?なんだ?というような顔で寄ってきました。

 

IMG_4433.JPG

こちらは、生後3〜4日という、ジャージーの赤ちゃん。

牛というより、バンビみたい。めんこかった!

 

IMG_4493.JPG

牧場主の差畑さん(with牛)。

山の上のこの牧場は太平洋にも近く、車で少し行くと、稜線の向こうに水平線が見えます。

広大な牧野で、のんびり草を食む牛に癒されたひととき。

「癒しスポット」として、観光名所になりうるかも?という可能性を感じた場所でした。

 

灯台守2号