川原畑洋子|大槌町復興交流ツーリズム運営協議会

 震災後、町内で女性の収入を得る手段としてハンドメイドの小物等を販売するグループ「おばちゃん倶楽部」を設立し代表を務めている川原畑洋子さんがつくる「しらすふりかけ」は川原畑家のお母様から教えていただいた家庭の味が評判の商品。もともと市販などはしていなかったが2013年大槌フードコンテストの準優勝を獲得した事がきっかけで商品化する事になった。しらすは大槌産にこだわり、鰹節・塩昆布・白ごまや調味料等全て天然素材を使用し地元のお客様から支持を得ている。家庭に代々伝わる無添加のふりかけはとても優しい味に仕上がっている。あつあつのご飯やほうれん草のおひたしにふりかけて食べるのが定番。