阿部力/阿部守|大槌町復興交流ツーリズム運営協議会

 父親の後継ぎとして若い頃から漁業に従事してきた阿部兄弟は、わかめ・昆布・ほや・牡蠣の養殖業で生計をたてている。中でも牡蠣の養殖には力を注ぎ、買い付け業者から注文が殺到するほどである。大槌湾の地形と流れ込む水の作用により、独特の風味があるのが特徴。決してしつこくなく、何個食べても飽きのこないさっぱりとした味に加え、食べた後の余韻を持ち続ける香り。牡蠣を食べる消費者の笑顔の為に最高の牡蠣の生産に日々没頭している。
 震災後新たに立ち上げた「新おおつち漁協」の若き組合長としても尽力を注ぎ、組合員とともに大槌漁業を盛り上げている。