釜石創造委員会は、もともと、A&F釜石クリーンツーリズム実行委員会に関わっていた鵜住居川流域とその河口にある大槌湾の根浜、箱崎の方々が被災後から少しでも前進するために立ち上がった団体です。構成員は会長である宝来館の女将(岩崎昭子)はじめ、復興に向けて様々な活動を始めています。この団体では構成員であるとか、そうでないとか、そんなことは関係ありません。様々な仲間が関わって復興に向け、地域を元気にしていくという思いがあれば、みんな仲間です。
ここでは、連携先も含めて私たちの仲間を紹介します。このメンバーが入れ替わり立ち替わり、訪れた皆さんをお迎えします。どうぞ、よろしくお願いします。

代表/岩崎昭子

本業は宝来館の女将
津波から奇跡の生還をした女将として
突然全国的に有名に。
代表ではあるが、看板娘?のような感じです。
おかみには大きな夢として
「どんぐりウミネコ村」という構想がある。
釜石創造委員会はその一環とか・・
どんぐりウミネコ村→http://donguri-umineko.com

運営責任者/伊藤聡

被災時は宝来館の番頭で、女将が津波に流されときも一緒でした。
その後、地元を支援するボランティアの受入に積極的に関わり、ボランティアの支援を受けながら、復興に向けた地域づくりをする団体「三陸ひとつなぎ自然学校」を設立。釜石創造委員会のツアーはここの協力なくしてできない。
三陸ひとつなぎ自然学校→
http://www.fukko-todai/santsuna/

佐々木虎男(トラオ)さん

根浜の漁師で、津波で家も船も流された。津波は宝来館の4階に上がり免れる。漁師の経験に基づく津波ガイドは迫力と説得力があります。

前川良子(マエカワ)さん

根浜で漁師民宿を営み、漁家レストラン浜茶屋を開業し"郷土料理を楽しむ会"などを開催していたが津波で全てを失う。今は鵜住居の仮設商店街で地元の郷土料理を提供する「ごはんやかんちゃん」を経営している。

佐々木章夫(ノリオ)さん

橋野にある産直と交流拠点である"どんぐり広場"の組合長。蕎麦打ち名人で、そば粉にする蕎麦も栽培する山里の農業の達人。

三浦紘子(ミウラ)さん

釜石東部漁協女性部会長として前川さんと同じく浜茶屋に関わる現在は、被災前に商品化した浜の海鮮漬けの復活に尽力を注ぐ。

柏崎未来(ジョイ)さん

鵜住居川の河口にある片岸地区で生まれ育ち。北海道で環境教育事業に関わっていましがた、被災後釜石に戻り、伊藤聡さんと三陸ひとつなぎ自然学校を立ち上げる。郷土料理の開発や交流事業を推進しています。