いまから、数年前、遠野・釜石・青森の田子町、秋田の鹿角のお母さん達が集まって、「北東北ナベナベサミット」という食のイベントが開催されていました。この集まりで知り合いになった、東北各県のお母さん達は、釜石が被災した際に炊き出しに来てくれたり、野菜を送ってくれたり・・・・と、ほんとうにお世話になりました。今回はそのお母さん達を招待して、鵜住居の仮設商店街で震災後初のナベナベサミットを開催しました。岩手の応援隊は、遠野をはじめ、JAいわて花巻、二戸の皆さんです。お母さん達の食の繋がりはとても、深いです。そしてとても暖かいです!

  • 1日目、宝来館の到着したメンバーは対岸の大槌から根浜地区を眺めました。女将が津波ガイドです。

  • 明日のナベナベサミットの打合せです。気合いが入っています。

  • 夜の懇親会、久々にゆっくりと顔合わせ、前川さんが感謝に気持ちを伝えます。

  • 最後は、津波で亡くなったお兄さんの意志を受け継いで復活した相撲甚句をアレンジし復興甚句として作られた「釜石あの日あの時甚句」です。

  • 2日目、いよいよ本番。秋田のきりたんぽナベのお母さん達です。

  • 青森のせんべい汁、田子町のおしどり夫婦で息のあった、会話が楽しい!

  • 岩手勢も頑張りました。二戸のへっちょこだんごです。

  • お天気は良かったのですが、すんご?い、風!屋外開催はあきらめて、急遽中で開催することに。

  • おいしそうでしょう!花巻の白金豚汁とせんべい汁です!

  • みなさんとのお別れ、ありがとうございました。また、来てください!