青ノ木の"峠の茶屋"、震災後、ボランティアの皆さんの支援により手作りで設置されました。橋野地区の "どんぐり広場"、鵜住居の仮設商店街に営業している"ごはんやかあちゃん"などと連携し釜石ならではの食材を活かした郷土料理を提供しています。
"釜石大槌郷土料理研究会""すみれの会"の活動拠点、漁家レストラン浜茶屋のあった「根浜海岸レストハウス」は津波で甚大な被害をうけました。ごはんやかあちゃんは、被災後、釜石のごはんやかあちゃんは、被災後、浜の茶屋で活動していたの前川さんたちが頑張ってオープンしたお店です。"浜のかあちゃん料理"が楽しめます。
鵜住居から橋野高炉に向かう途中にある農産物直売所で鮮度の高い野菜類の他、手作りならではの菓子類も魅力です。地元で栽培するそば粉を使った蕎麦打ち体験もできます。 被災後復活した復興型のツアーの宿泊拠点として農家民泊も数軒あります。